お昼はお蕎麦でダイエット!

夏も8月に突入し、流石にうだるような暑さは無くなってきましたね。

それでもまだまだやる気と食欲に差し障るほどの猛暑に
いつもお昼の献立は迷ってしまいます。

夏の献立と言えば定番は「そうめん」や「冷やし中華」だと思います。

ところが最近はどうも膨れてきてしまったお腹周りが気になってしまい
ふとこれらの炭水化物のカロリーを確認してしまう事が多くなりました。

これだけ暑いと汗も止まらないので、きっと体重は落ちていると
妙な誤解で横着しているとどんどん体重は増えていたのです。

実は夏の方が太りやすいというから驚きました。

そうめんなどの献立は兎に角噛む量が減ってしまい
するすると流し込みやすい食べ物なので、意識しないうちに
かなり多くの量を食べてしまうのだとか
それに加えてそうめんのカロリーはかなり高めです。

そこで最近はそうめんから「蕎麦」に変えることにしました。

蕎麦のカロリーも決して低いというわけではありませんが
そうめんやうどんなど他の麺にはないビタミンや
ルチンなどと栄養素が含まれているので
便秘の解消や糖質の吸収を抑える機能がついてくるのが理由です。

 

コメントを残す